【薬剤師推奨】つらい喉の痛みに効くおすすめの市販薬まとめ

スポンサーリンク

風邪を引いた時に薬を買おうと思い、ドラッグストアに行ったはいいけど、種類がありすぎてどれを使えばいいか分からない!という人は多いと思います。

迷わず買うという人も、CMでやってて有名だし!風邪の時はいつもこの薬使ってるから!
という理由で選んでる人は少なくないと思います。

今回は市販の薬を自分で選ぶ際に、自分の症状にあった適切な薬剤を選択してもらえるように、おすすめの商品を薬の特徴を踏まえて紹介したいと思います。

 

 

薬を選ぶ前に

風邪の症状は個人で違うため、安易に総合風邪薬を使用するのはおすすめしません!

頭痛と鼻水の症状がある人に咳止めも含まれている総合風邪薬を使うのはナンセンスだと思いませんか?

風邪薬の選択をする時は、総合風邪薬使うより、症状に合わせて必要な薬を組み合わせて使うことをおすすめします。
今回は風邪のつらい喉が痛い時におすすめの市販薬を紹介しようと思います。

のどが痛い時におすすめの市販薬

 

ペラックT錠

 

・病院で処方されるトラネキサム酸配合
・抗炎症成分2種類配合
・粘膜を修復、体力回復等を手伝うビタミン剤配合
・7歳から使用可能

 

喉の炎症を抑える・・・トラネキサム酸、グリチルリチン
粘膜を健康に保つ・・・ビタミンB2、ビタミンB6
肉体疲労、病中病後の体力低下時・・・ビタミンC

こちらの商品は、喉の痛みがある時によく病院で処方されるトラネキサム酸と、喉の炎症を抑える作用のあるグリチルリチンが配合されています。
さらに、粘膜を健康に保つ働きのあるビタミンB2、ビタミンB6や体力消耗に効果のあるビタミンCが含まれているので、喉の症状には一押しです!

こちらの薬は7歳の小児から成人まで幅広い年代で使用できる薬で、眠くなる成分が入っていないため車の運転をする人にも安心して飲むことができます。

コルゲンコーワ鎮痛解熱LXα

 

・トラネキサム酸+ロキソニン配合
・のどの痛みが酷い場合
・コスパがいい
・15歳から使用可能

 

喉の炎症を抑える・・・トラネキサム酸140mg/回
解熱鎮痛薬・・・ロキソプロフェンナトリウム60㎎/回

トラネキサム酸とロキソプロフェンが配合された薬です。
ぺラックと比べるとトラネキサム酸の配合量は少ないので、個人的にはロキソニンとぺラックを併用したほうがおすすめですが、ロキソニンSとぺラックを併用すると値段が高くなるため、配合剤にしたコルゲンコーワの方がコスパがよく、1錠で済むので2錠飲むのが煩わしいのであればおすすめです。

◆ロキソニンS

・医療用のロキソニンと成分・配合量が同じ
・比較的胃腸障害の副作用が少ない
・幅広い痛みに使用可能
・15歳から使用可能

 

解熱鎮痛薬・・・ロキソプロフェンナトリウム60mg/回

痛み止めと言えば病院でもロキソニンが処方されることが多いので皆さんお馴染みの薬だと思います。
市販の痛み止めの中では比較的胃腸障害の副作用が少なく、鎮痛効果が優れています。
医療用のロキソニンとまったく同じ成分量が入っており、幅広い痛みに使用できます。
NSAIDsにはイブやバファリンなど様々な種類がありますが、ロキソニンの方が鎮痛効果も強く、即効性もあるのでお勧めです。

ロキソニンは一類医薬品で薬剤師による対面販売が必要なため、薬剤師がいる薬局かネット販売で購入できます。
長期間使用すると胃潰瘍や腎障害などの原因になるため、長期での服用はしないようにしましょう!

◆ロキソニンpuls

・医療用のロキソニンと成分・配合量が同じ
・胃が荒れやすい人におすすめ
・15歳から使用可能

 

解熱鎮痛薬・・・ロキソプロフェンナトリウム60mg/回
胃酸を中和・・・酸化マグネシウム

ロキソニンPlusはロキソニンSに酸化マグネシウムを配合した薬です。胃が弱く荒れやすい人はこちらを使用することをおすすめします。

◆タイレノール

・副作用が比較的少なく安全性が高い
・痛みがそれほど強くない場合におすすめ
・15歳から使用可能

 

解熱鎮痛薬・・・アセトアミノフェン300mg

アセトアミノフェンは鎮痛効果はロキソニンに劣りますが、腎臓や胃への負担も少なく、比較的安全に使用できる薬です。
痛みの症状がそれほど強くない場合はロキソニンでなくこちらを検討してもいいと思います。

安全性は高いですが、お酒との飲み合わせは悪く、一緒に飲んでしますと肝機能障害になる可能性があるため、服用中の飲酒は避けてください。

◆小児用バファリン

 

・副作用が比較的少なく安全性が高い
・小児が使用できる薬
・3歳から使用可能

 

解熱鎮痛薬・・・アセトアミノフェン33mg

小児でも安全に使用できる解熱鎮痛剤です。
喉の痛みに限らず小児の痛みにはこちらの薬が使用できます。
タイレノールとおなじアセトアミノフェンが配合されていますが、量が少なめに入っているため、 3歳から使用可能です。

◆銀翹散

 

・(証)熱感、のどが渇き気味の人に
・のどから引いた風邪におすすめ
・風邪の引き初めに有効
・5歳から使用可能

 

主に熱感があり、喉が渇いていて、喉から引いた風邪におすすめです。

風邪の後期よりは引き始めのほうが効果を発揮してくれます。
喉の痛いところに塗りたくるように5分くらいかけてゆっくり飲むのがおすすめです。

この薬はかなり味が苦いので飲むのはつらいですが、効果は本物で、自分の使用感だと使った翌日には喉の痛みは大分よくなりました。

◆甘草湯

 

・体力などに関わらず、どのタイプにも使用できる
・のどの痛みだけある場合におすすめ
・風邪の引き初めに有効
・2歳から使用可能

 

甘草湯は証を考えなくても使用できる薬なので、体力などに関わらず、どのタイプの人にも使用可能です。
甘草湯は寒気、頭痛、発熱などがなく、喉が痛いときだけ使うのがおすすめです。

甘草は甘みがあり、漢方薬の中では比較的飲みやすいです。
こちらも風邪の引き始めに使用し、喉の痛いところに塗りたくるように5分くらいかけてゆっくり飲むのがおすすめです。


◆桔梗湯

・体力などに関わらず、どのタイプにも使用できる
・のどの痛み、痰が絡む場合におすすめ
・2歳から使用可能

 

こちらも甘草湯と同じく体力に関わらず使用できます。
喉がはれていて、痰が出てイガイガするときにお勧めです。

桔梗湯は甘草湯に桔梗を加えたものです。
桔梗には痰や化膿を抑えることで咳を鎮める効果があるので、喉の痛みだけでなく、痰が絡む場合にはこちらがおすすめです。




漢方薬の効果を最大限出すには自分にあった証や飲み始めるタイミングを考えることが重要です。
証や症状に合わない漢方薬を選択すると、十分な効果が発揮されないので、よく分からない場合は薬剤師に相談して自分にあった物を選んでもらうようにしてください。

ABOUTこの記事をかいた人

調剤併設のドラッグストアで管理薬剤師をしているYUTAです! 当サイトでは薬剤師目線で本当におすすめできる市販薬などを紹介していきます。 よかったら是非参考にしてください。