市販で買えるステロイドの種類と使い分け

スポンサーリンク

今回は皮膚のトラブルに使える薬剤を紹介したいと思います。
虫刺されや湿疹、皮膚の炎症疾患などがある場合にはステロイドが使用されます。
ステロイドのには市販で買える薬剤と病院で処方される薬剤で強さや種類が異なります。
市販薬のステロイドの強さやどんな薬剤があるのかを説明したいと思います。

 

ステロイドの強さ

ステロイドには5種類の強さがあります。
市販で販売されているステロイド薬はウィーク、ミディアム、ストロングの下から3種類のみで、その上のベリーストロング、ストロンゲストは医療用のみになります。

ランクによって分けられているのは使用部位や年齢によって強さを分ける必要があるからです。
顔や首などの皮膚の薄い部位や子供にはワンランク弱めのステロイドを使うなどの注意が必要です。

 

軟膏とクリームの使い分け

軟膏はジュクジュクした部位、傷のある部位、サラサラしたに使用可能です。
一方でクリームは侵襲性があるため、ジュクジュクした部位、傷のある部位に使用してしまうと、しみるためサラサラした部位への使用がおすすめです。
軟膏の場合べたべたしていますが、クリームはさらさらしているので使用感がいいのも特徴です。

 

ステロイドの強さ(市販薬)

 

 

ストロングクラス

市販のなかで一番強い分類のステロイドになります。
皮膚の薄い顔や小さなお子さんには不適です。
強い炎症がある場合や、手のひらや足の裏など皮膚が厚い部位に適します。

◆フルコートf軟膏

【指定第2類医薬品】フルコートf 5g

ストロングタイプのフルオシノロンアセトニドと抗生剤のフラジオマイシンが含有されている軟膏です。
抗生剤が含有されており、化膿した患部にも使用可能です。

◆ベトネベートN軟膏

【指定第2類医薬品】ベトネベートN軟膏AS 5g

ストロングタイプのステロイドのベタメタゾン吉草酸エステルと抗生剤のフラジオマイシンが含有されている軟膏です。
抗生剤が含有されており、化膿した患部にも使用可能です。

 

◆ベトネベートクリームsクリーム

【指定第2類医薬品】ベトネベートクリームS 5g

こちらの薬剤はベタメタゾン吉草酸エステルが含有されているクリーム剤です。
クリームタイプなので使用感が良くべたつきが少ないです。
抗生剤が含有されていないため、ジュクジュク化膿した部位や、傷のある部位には適さないので注意してください。

 

ミディアムクラス

中等度の炎症に使うステロイドです。
顔や皮膚の薄い部位にも使う事があり、幼児~小学生などの小児も使用可能です。

◆コートfAT軟膏

【指定第2類医薬品】コートfAT軟膏 10g ※セルフメディケーション税制対象商品

ミディアムクラスのステロイドのプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルを含有した軟膏です。
他にもかゆみ止めのリドカインや殺菌成分などが含有されています。

◆ムヒアルファEX

【指定第2類医薬品】ムヒアルファEX 15g ※セルフメディケーション税制対象商品

ミディアムクラスのステロイドのプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルを含有した軟膏です。
かゆみ止め成分のジフェンヒドラミン、クロタミトンの2種類が配合されており、他に清涼成分や殺菌成分が含有されています。

◆エフェクトプロ軟膏・クリーム

◆【第(2)類医薬品】エフェクトプロ 軟膏 6g【セルフメディケーション税制対象商品】

◆【第(2)類医薬品】エフェクトプロ クリーム 6g【セルフメディケーション税制対象商品】

ミディアムクラスのステロイドのプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルを含有した軟膏です。
リドカイン、ジフェンヒドラミン、クロタミトンの3種類のかゆみ止め成分や、他に、殺菌成分や炎症を抑える成分が含有されています。
軟膏タイプとクリームタイプがあるので、使用感や患部に合わせて選択してください。

◆リドメックスコーワ軟膏・クリーム

【指定第2類医薬品】リビメックスコーワ軟膏 10g ※セルフメディケーション税制対象商品

【指定第2類医薬品】リビメックスコーワクリーム 10g ※セルフメディケーション税制対象商品

ミディアムクラスのステロイドのプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルを含有した軟膏です。
こちらは有効成分がステロイド単剤の薬剤です。
混ざり物が嫌でステロイド単剤がいい場合に適しています。
軟膏タイプとクリームタイプがあるので、使用感や患部に合わせて選択してください。

◆ドルマイコーチ軟膏

【指定第2類医薬品】ドルマイコーチ軟膏 6g

ミディアムクラスのステロイドのヒドロコルチゾン酢酸エステルと、バシトラシン、フラジオマイシンの2種類の抗生剤を含有した軟膏です。
抗生剤が含有されている軟膏なので化膿部位に使用可能で、とびひ、毛のう炎などの化膿性疾患にも適しています。

ウィーククラス

ステロイドの中で一番弱い部類です。
皮膚の薄い部位や、赤ちゃんも使用可能です。

◆コートfMD軟膏

【指定第2類医薬品】コートfMD軟膏 10g

ウィーククラスのステロイドのプレドニゾロンが含有された軟膏です。
他に炎症を抑える成分も含有されています。

 

終わりに

以上が市販で購入できるステロイドです。
ステロイドは症状や使用部位によって強さを変えることが重要になるので、何がいいかわからない場合には薬剤師に相談して自分に合った強さのステロイドを選んでもらうようにしてください。
市販で買える薬剤は限られているので、市販の薬剤を使用して1週間以上たってもよっくならない場合や、範囲が広い場合、目の近くに使用する場合などには病院を受診するようにして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

調剤併設のドラッグストアで管理薬剤師をしているYUTAです! 当サイトでは薬剤師目線で本当におすすめできる市販薬などを紹介していきます。 よかったら是非参考にしてください。