パソコン、スマホで疲れた目に市販で使えるおすすめ目薬ランキング

スポンサーリンク

現代社会では仕事でパソコンをしたり、スマートフォンを長時間操作したりなど、目に負担がかかることが多くあります。

目の疲れがあると、仕事もはかどらず目も頭もシャキッとしません。
今回は仕事でデスクワークが多い社会人や勉強で目が疲れた受験生、老眼で目のピントが合わず疲れが出るなど、眼精疲労がたまってる人におすすめの市販薬を紹介したいと思います。


疲れ目の原因

1)目の使い過ぎ

・長時間のパソコン作業や本、スマホなどの見すぎ

・眼鏡やコンタクトの度数が合っていない

・老眼

私たちの目は水晶体の厚さを調整することでピントを合わせていますが、近くを見続けることで、レンズの厚さを調整する毛様体筋という筋肉の緊張状態が続き、疲れが出てしまいます。

2)目の乾燥

目の乾燥がある事で目が正常に働かず目がしょぼしょぼしたり、疲れ目の原因になります。

目の使い過ぎにおすすめの目薬

 

ソフトサンティアひとみストレッチ

 

【第3類医薬品】ソフトサンティア ひとみストレッチ 5mL×4

ドラッグストアなどで様々な疲れ目の薬が売られていると思いますが、疲れ目に対しては個人的にはソフトサンティアひとみストレッチが一番おススメです。

というか市販だとこれ一択だと思います。(医療用含めても一番おススメ!)
高機能目薬などは疲れ目に効く成分は確かに入っていますが、多くに防腐剤が入っていたり、血管収縮薬や、抗アレルギー薬が入っている場合が多く、疲れ目だけに特化しているわけではなく、余計なものがたくさん入っているのでおすすめしません。

成分はビタミンB12(シアノコバラミン)0.02%、ネオスチグミン硫酸塩0.005%が含有されています。

これはサンコバ点眼(ビタミンB12)+ミオピン点眼(ネオスチグミン)と同量入った点眼です。
1本でサンコバとネオスチグミンが含有されており、防腐剤もフリーなため、コンタクトを付けたままでも使用可能です。

サンコバは眼精疲労で病院にかかったときにまず出される赤色の点眼ですが、サンコバにネオスチグミンが入る事でピント調整しやすくなり、疲れ目に効果があります。

点眼薬の有名なメーカーの参天製薬が出している薬です。

 

目の乾燥におすすめの目薬

 

ソフトサンティア

【第3類医薬品】ソフトサンティア 5mL×4

こちらは目の乾燥からくるしょぼしょぼ感、疲れ目におすすめの目薬です。

人口涙型点眼剤で人の涙の成分に近づけた成分を点眼して、涙の成分を補い目の乾燥を軽減する効果があります。

疲れ目の点眼剤の中で医療用のマイティア点眼と同じものです。
こちらも防腐剤フリーでコンタクトレンズをしていても使用することが出来ます。

こちらの目薬をしばらく使用しても効果がない場合には、医療用でムコスタ点眼、ジクアス点眼、ヒアレイン点眼などのドライアイに効く薬があるので病院を受診してください。

 

最後に

もはやランキングにすらなっていませんが、私個人的には市販だとこの2種類以外の選択肢はないと思っているので、①目の使い過ぎ②目の乾きによる疲れ目に関してはこの2種類が1番いいと思うので、症状によって使い分ければいいと思います。

マイティアに関しては医療用の方が優秀な処方がありますが、マイティアひとみストレッチに関しては医療用含めてもかなり優秀ですので本当におすすめです。

これらの薬を使ってもよくならない場合には他の違う原因が考えられるため、早めに病院を受診するようにして下さい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

調剤併設のドラッグストアで管理薬剤師をしているYUTAです! 当サイトでは薬剤師目線で本当におすすめできる市販薬などを紹介していきます。 よかったら是非参考にしてください。