花粉症の辛い鼻水・くしゃみにおすすめの人気市販薬まとめ

スポンサーリンク

花粉症の季節、つらい鼻水や目のかゆみなどが出て辛いですよね。
花粉症の対策としてマスクや最近ではイオンコーティングスプレーなど多くの商品がありますが、多くの人はそれに加えてアレルギーを抑える薬を飲んでいると思います。
今回はドラックストアで買えるおすすめの花粉症の薬を紹介します。

 

抗ヒスタミン薬の種類

アレルギー症状を抑える抗ヒスタミン薬は大きく2種類のタイプに分けられます。

◆第一世代抗ヒスタミン薬
第一世代の抗ヒスタミン薬は効果がしっかり出て即効性があるので、急性期のアレルギー症状に適しています。
抗コリン作用もあるため、鼻水が止まらない症状に効果的ですが、副作用で眠気が強く出たり、口が渇いたりなどの症状が出ます。

特に緑内障や前立腺肥大がある人は使えないので、購入する前に薬剤師へ相談することをおすすめします。

◆第二世代抗ヒスタミン薬
第二世代の抗ヒスタミン薬は第一世代に比べ眠気や口の渇きなどの副作用が少なく、抗コリン作用が少ないため、緑内障や前立腺肥大の患者さんにも使用することが出来ます

即効性は第一世代には劣るため、症状がでてからの服用ではなく、季節性の花粉症の場合は症状が出る前、花粉が飛びだしたら服用するのがおすすめです。(症状が出てからではだめというわけではありません。)

 

第一世代抗ヒスタミン薬

◆プレコール持続性鼻炎カプセルLX

【指定第2類医薬品】プレコール持続性鼻炎カプセルLX 40カプセル

 

・即効性・強い効果が期待できる
・鼻詰まり、鼻水両方に効果的
・眠気は出やすい
・1日2回服用

 

第一世代抗ヒスタミン薬・・・クロルフェニラミンマレイン酸塩 8mg/日
鼻粘膜の腫れを抑えて鼻詰まりを改善・・・プソイドエフェドリン120mg/日、フェニレフリン 10mg/日
鼻水や涙を抑える・・・ベラドンナコン 0.4mg/日
炎症を抑えて鼻炎症状を改善・・・グリチルリチン45mg/日
鼻炎による頭重を和らげる・・・無水カフェイン100mg/日

第一世代の抗ヒスタミン薬が配合されているため、即効性があり、強い効果が期待できます。しかし、個人差はありますが、眠気の副作用は比較的出やすいので自動車の運転などには注意が必要です。
鼻水がだらだらでる。鼻詰まりが酷くてすぐになんとかしたいという場合におすすめです。
効果は強力ですが、副作用の頻度は高くなるため、あくまで一次的な使用にとどめ、長期で使用するのは避けるようにしてください。

 

◆鼻炎薬A「クニヒロ」

・即効性・強い効果が期待できる
・鼻詰まり、鼻水両方に効果的
・眠気は出でるが、クロルフェニラミン配合のものと比較して少ない
・1日3回服用

 

第一世代抗ヒスタミン薬・・・d-クロルフェニラミンマレイン酸塩6mg/日
鼻粘膜の腫れを抑えて鼻詰まりを改善・・・プソイドエフェドリン150mg/日
鼻水や涙を抑える・・・ベラドンナコン0.4mg/日
炎症を抑えて鼻炎症状を改善・・・グリチルリチン40mg/日
鼻炎による頭重を和らげる・・・無水カフェイン120mg/日

こちらはクロルフェニラミンのd体のみを抽出したd-クロルフェニラミンマレインが配合されてた薬です。
クロルフェニラミンと比較すると抗ヒスタミン作用、抗コリン作用が2倍、鎮静・催眠の副作用が1/2であり、アレルギーを抑える作用が強力で、眠気はでるが頻度は比較的抑えられている薬と言えます。
こちらも効果は強力ですが、あくまで一次的な使用にとどめ、長期で使用するのは避けるようにしてください。

 

第二世代抗ヒスタミン薬

◆アレグラ(フェキソフェナジン)

【第2類医薬品】アレグラFX 28錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

・効果弱め
・眠気の副作用が出にくい
・1日2回服用

 

大野君のCMでお馴染みのアレグラです。
眠気の副作用が少なく市販のなかでもっとも売れている薬です。

アレグラは眠気の副作用が少なく、添付文書上で自動車の運転に関する注意喚起のない数少ない薬の1つです。
アレルギーを抑える効果は比較的弱い部類の薬ですが、症状が酷くない人や、自動車運転をする人、勉強や仕事のパフォーマンスを下げたくない人におすすめの薬です。
1日2回服用の薬です。

 

◆クラリチン(ロラタジン)

・効果弱め
・眠気の副作用が出にくい
・1日1回服用

 

クラリチンもアレグラと同じく眠気の副作用が少なく、添付文書上で自動車の運転に関する注意喚起のない薬の1つです。

こちらの効果と眠気の出やすさはアレグラと同等程度です。
こちらの薬とアレグラの違いは1日1回で済むことです。服用忘れがある人や1日2回服用するのが煩わしい人はこちらがおすすめです。
クラリチンは要指導医薬品になるので薬剤師の対面販売になるので、お近くの薬局でお求めください。

 

◆アレジオン(エピナスチン)

【第2類医薬品】アレジオン20 6錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

・効果中くらい
・眠気の副作用中くらい
・1日1回服用

 

第2世代の中ではアレジオンは個人差はもちろんあるので一概には言えませんが、効果は中等度、眠気も中等度といったイメージです。
効果はアレグラやクラリチンよりもあるのでアレグラやクラリチンで効果が不十分だと感じる場合にはおすすめの薬です。
こちらは1日1回の服用でいいです。

 

◆ストナリニZジェル、コンタック鼻炎Z(セチリジン)

【第2類医薬品】ストナリニ Zジェル 6カプセル ※セルフメディケーション税制対象商品

 

【第2類医薬品】コンタック鼻炎Z 14錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

・効果強め
・眠気の副作用中~高
・1日1回服用

 

ストナリニZジェルとコンタック鼻炎Zはセチリジンが有効成分の薬です。
ストナリニZジェルはカプセル、コンタック鼻炎Zは普通の錠剤タイプです。
病院で処方されるザイザルを使ったことがある人もいると思いますが、ザイザルはセチリジンのS体のみを抽出して眠気の副作用を少なくした薬です。

こちら効果はザイザルと同等と言われており、市販薬の中では効果は強めです。眠気の副作用は出やすいと言われていますが、個人的には眠気はあまり感じず、アレジオンより効く気がします。1日1回服用の薬です。
他の第二世代薬で効果が不十分だと感じる場合にはおすすめの薬です。




最後に、
花粉症の薬は強さや、眠気の出やすさなど様々な種類があるので、自分の症状にあった薬を選びましょう!
処方薬では市販では売っていない強めの薬があり、最近新しい薬も出ていますので、症状がひどい場合には悪化する前に病院で薬を処方してもらうのがいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

調剤併設のドラッグストアで管理薬剤師をしているYUTAです! 当サイトでは薬剤師目線で本当におすすめできる市販薬などを紹介していきます。 よかったら是非参考にしてください。