花粉症の我慢できない目のかゆみに効くおすすめの市販目薬まとめ

スポンサーリンク

花粉症の症状には鼻水、くしゃみ、目のかゆみなどがありますが、
今回はその中でも花粉症のつらい目の痒みに効果のあるおすすめの市販薬を紹介します。

 

 

抗ヒスタミン薬とケミカルメディエーター遊離抑制薬

市販で販売されている花粉症の目薬には、大きく分けて2種類のものがあります。

◆抗ヒスタミン薬
即効性があり、使い始めてからすぐに効果がある

◆ケミカルメディエーター遊離阻害剤
→使い始めてからの効き始めに時間がかかるため症状が出る前の早めの使用が必要で、シーズン中の症状を軽くする。

すぐに症状を抑えたいときは抗ヒスタミン薬、予防的に使用する場合にはケミカルメディエーター遊離抑制薬を使用します。
症状をすぐに抑えたいときにケミカルメディエーター遊離抑制薬を使ってしますとすぐに症状が治まらないのでこの2つの違いを理解して薬剤を選択することが重要になってきます。

即効性があり、使い始めて早く効果の出る薬

◆ロートアルガードクリアマイルドZ

【第2類医薬品】ロートアルガードクリアマイルドZ 13mL ※セルフメディケーション税制対象商品

・有効成分最大量
・抗炎症成分2種類配合
・抗ヒスタミン薬+ケミカルメディエーター遊離抑制薬
・他の市販アレルギー点眼液を使用して効果が得られない場合におすすめ

 

抗ヒスタミン薬・・・クロルフェニラミンマレイン酸塩0.03%
ケミカルメディエーター遊離抑制薬・・・クロモグリク酸ナトリウム1%
抗炎症成分・・・プラノプロフェン0.05%+グリチルリチン酸二カリウム0.25%
目の角膜保護成分・・・コンドロイチン0.5%

こちらの薬は全有効成分が市販で定められている範囲で最大濃度入っており、花粉症、ハウスダストなどによる目のかゆみ・充血・ゴロゴロ感に効果的です。
抗炎症成分が二種類配合されているのが特徴です。

抗ヒスタミン薬とケミカルメディエーター遊離抑制剤が両方入っているため、即効性もあり、季節性の場合症状が繰り返す症状にも効果が期待できます。
清涼感のあるタイプとないタイプの二種類あります。

効果は市販の中ではかなり高く、症状がつらく、他の市販薬を使用しても症状が治まらない場合はこちらを使うといいと思います。

◆マイティアアイテクトアルピタットN

【第2類医薬品】マイティアアイテクトアルピタットN 15mL ※セルフメディケーション税制対象商品

・全有効成分最大量
・抗ヒスタミン薬+ケミカルメディエーター遊離抑制薬
・目のゴロゴロ感やかゆみはあるが、それはど酷くない場合

 

抗ヒスタミン薬・・・クロルフェニラミンマレイン酸塩0.03
ケミカルメディエーター遊離抑制薬・・・クロモグリク酸ナトリウム1%
抗炎症成分・・・プラノプロフェン0.05%
目の角膜保護成分・・・コンドロイチン0.5%

こちらの商品も有効成分は市販で定められている中で最大濃度配合しています。
上の商品との違いはグリチルリチンが配合されていない点です。
目のゴロゴロ感やかゆみが酷くない場合はこちらでいいと思います。
こちらも清涼感のあるタイプとないタイプの二種類あります。

◆エージーアイズアレルカットC

【第2類医薬品】エージーアイズアレルカットC 13mL ※セルフメディケーション税制対象商品

・抗ヒスタミン薬+ケミカルメディエーター遊離抑制薬
・目のかゆみ、目のゴロゴロ感などの症状が比較的軽い場合

 

抗ヒスタミン薬・・・クロルフェニラミンマレイン酸塩0.15%
ケミカルメディエーター遊離抑制薬・・・クロモグリク酸ナトリウム0.1%
抗炎症成分・・・グリチルリチン0.125%
目の角膜保護成分・・・コンドロイチン0.2%

上の2つの薬と比較すると配合量が全体的に少ない為、症状が軽い場合におすすめです。

◆ザジテンAL点眼薬

【第2類医薬品】ザジテンAL点眼薬 10mL ※セルフメディケーション税制対象商品

・単剤でケミカルメディエーター遊離抑制作用+抗ヒスタミン作用が両方ある
・医療用のザジテン点眼と同じ成分量

 

ケミカルメディエーター遊離抑制薬+抗ヒスタミン作用・・・ケトチフェンフマル酸塩

医療用のザジテン点眼と同成分の薬です。
単剤で抗ヒスタミン作用とケミカルメディエーター遊離抑制作用の両方を持ちます。
アレルギーの「発症」から「悪化」までのメカニズムに作用し、軽い症状を感じた時から、アレルギーをコントロールすることが出来ます。
少ししみるのでそれさえ我慢できれば医療用と同じ成分量入ってることもありおすすめです!

症状が出る前の予防目的で使用する薬

◆ロートアルガードプレテクト 

・ケミカルメディエーター遊離抑制薬
・症状が出る前に使用することでかゆみが出にくくなる
・季節性で毎年痒みが出る人が予防目的で使用するのがおすすめ
・医療用のリザベンと同じ成分量

 

ケミカルメディエーター遊離抑制薬・・・トラニラスト

ケミカルメディエーター遊離抑制薬のトラニラストが配合されている商品です。医療用からスイッチしてきたばかりでこの前まで薬剤師しか販売できない要指導医薬品に分類されていました。
毎年季節性の痒みが出て悩んでいる人が症状が出る前に使用することで症状の悪化を防ぎます。
医療用のリザベンと同じ成分量であり、こちらの商品もおすすめです!



インタール点眼(クロモグリク酸0.2%)や二フラン点眼(プラノプロフェン1%)など医療用の薬と比較すると薬の成分が半分しか入っていないものが多い為、複数の成分を配合しているものが多いです。

クロルフェニラミンは医療用成分が存在しないのにはなにかしら理由があると思うので、そこを考慮すると個人的にはザジテン、ロートアルガードプレテクト がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

調剤併設のドラッグストアで管理薬剤師をしているYUTAです! 当サイトでは薬剤師目線で本当におすすめできる市販薬などを紹介していきます。 よかったら是非参考にしてください。