つらい咳におすすめの市販薬まとめ

スポンサーリンク

風邪などで咳が止まらない時はつらいですよね。
風邪の初期に咳から始まる人や、風邪の後期で咳の症状だけ残っている人におすすめの市販薬を紹介したいと思います。
痰が絡む、絡まない、喘鳴をともなうなど咳の種類によって薬を使い分けることが重要です。

 

 

咳中枢に作用する咳止めの違い

強さ:ジヒドロコデイン>コデインリン酸≒デキストロメトルファン>ノスカピン

メーカーに確認したところジヒドロコデインはモルヒネの1/3の効果で、コデインリン酸は1/6という事なので、同じ成分量であればジヒドロコデインの方が2倍の効果があるという事でした。
また麻薬性鎮咳薬なので気道抑制作用があり、副作用頻度はジヒドロコデインはモルヒネの1/4でコデインリン酸は1/4以下という事ですが、同成分量では気道抑制の副作用はほとんど同程度とみてよいそうです。非麻薬性のデキストロメトルファンは一般的に使用する量でコデインリン酸と同等の効果があるそうです。

ジヒドロコデインやコデインリン酸は麻薬性の薬であり、便秘や眠気の副作用が出やすく、依存性もあるため、長期間の服用はしないようにしてください。
市販の薬ではこれらの3種類の薬が配合されている商品が多くありますが、配合量が違うので、効果の強さなどを考慮して薬を選ぶことも重要です!

 

痰が絡むタイプの咳に

市販の風邪薬には1成分で咳を止めてかつ痰を出しやすくする効果のある薬が無い為、痰が絡む場合には痰切れの薬が配合されている咳止めを使用するのが効果的です。

◆新カイゲン咳止め液W

【指定第2類医薬品】新カイゲンせき止め液W 120mL

・配合成分量が多い
・痰、咳にもしっかり効く
・1歳から使用可能

 

咳中枢に作用して咳を鎮める・・・ジヒドロコデイン30mg/日
気管支を拡張して咳を鎮める・・・dl-メチルエフェドリン75mg/日
アレルギー症状を抑える・・・クロルフェニラミン12mg/日
頭痛を和らげる・・・無水カフェイン60mg/日
絡みつく痰に・・・グアヤコールスルホン酸塩270mg/日、キキョウ240mg/日
咳やのどの炎症を抑える・・・麦門冬湯1250mg/日
(成人1日あたりの最高用量)

同じような咳止めの中でも配合成分が多く、キキョウや麦門冬湯の量も多めに配合されているため痰や、咳の症状にも効果が高いです。
また、12歳以上から使用できる薬が多い中、1歳以上から使用することが可能です。
以上のことから個人的には新カイゲンが痰の絡む咳止めの中では一番おすすめです!


◆新トニン咳止め液

【指定第2類医薬品】新トニン咳止め液 60mL


咳中枢に作用して咳を鎮める・・・ ジヒドロコデイン30mg/日
気管支を拡張して咳を鎮める・・・トリメトキノール6mg/日
アレルギー症状を抑える・・・クロルフェニラミンマレイン酸塩12mg/日
頭痛を和らげる・・・無水カフェイン62.5mg/日
痰をうすめて出しやすくする・・・キキョウ105mg/日
気道分泌を増やして痰に効く・・・セネガ42mg/日
のどの炎症を抑える・・・ソヨウ流エキス0.21mL/日
咳やのどの炎症を抑える・・・麦門冬湯エキス500mg/日
(成人1日量あたりの最高用量)

新カイゲン咳止め液Wと比べても有効成分の種類自体は多く入っており痰の絡む咳に十分な効果が期待できますしいい薬ですが、一部の成分量は少なめなので個人的にはカイゲンでいいかなと思います。
こちらは12歳以上から使用が可能です。

 

◆アネトン咳止め液

【指定第2類医薬品】アネトンせき止め液 100mL


咳中枢に作用して咳を鎮める・・・ コデインリン酸塩50mg/日
気管支を拡張して咳を鎮める・・・dl-メチルエフェドリン75mg/日
頭痛を和らげる・・・無水カフェイン60mg/日
痰に効果のある・・・セネガ流エキス1500mg/日
(成人1日あたりの最高用量)

こちらも十分効果のある成分が含まれており、痰の絡む咳に効果的です。
こちら上の2種類と違い咳止めの成分としてリン酸コデインが入っています。
リン酸コデインが50mg/日であり、上2種類がジヒドロコデイン30mg/日であるため、咳止めの効果自体は少し弱めです。症状が軽い場合はこちらでもいいと思います。
こちらも12歳以上から使用が可能です。

 

◆クールワン咳止めGX

【指定第2類医薬品】クールワンせき止めGX 24錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

・カルボシステイン配合→痰もしっかり切れる
・痰が絡む、絡まない場合どちらにもおすすめ
・8歳から使用可能

 

痰に作用して粘性を弱くする・・・カルボシステインが750mg/日
咳止めの・・・ジヒドロコデインリン酸塩30mg/日
気管支を広げて咳を鎮める・・・dl-メチルエフェドリンが75mg/日
アレルギー症状を抑える・・・クロルフェニラミンが12mg/日

錠剤タイプではクールワン咳止めGXもおすすめです!
ジヒドロコデインで咳をしっかり止めて、病院でよく処方される痰切れの薬のカルボシステインが配合されているため、痰が絡む咳におすすめです!


◆新ブロン液エース

【指定第2類医薬品】新ブロン液エース 120mL


咳止め・・・ジヒドロコデイン30mg/日
痰切れ・・・グアイフェネシン170mg/日
アレルギー症状を抑える・・・クロルフェニラミン12mg/日
頭痛などに効く・・・無水カフェイン62mg/日
成人1日量あたりの最高用量)

こちらの薬も咳や痰に効果があり、8歳から使用可能です。
個人的にエスエスブラン液のほうが優れていると思うので推奨度は低めです。

 

◆エスエスブロン液,、エスエスブロン錠

【第2類医薬品】エスエスブロン液L 120mL

【指定第2類医薬品】エスエスブロン錠 84錠

・眠気、便秘、依存性など比較的少ない
・痰が絡む、絡まないどちらにも
・8歳から使用可能

 

咳止め・・・デキストロメトルファン60mg/日
痰切れ・・・グアイフェネシン170mg/日
アレルギー症状を抑える・・・クロルフェニラミン12mg/日
頭痛などに効く・・・無水カフェイン62mg/日
成人1日量あたりの最高用量)

新ブロン液とパッケージが類似していますが、エスエスブロン液はジヒドロコデインの代わりにデキストロメトルファンが配合されています。
同じ成分量ではジヒドロコデインのほうが強いですが、エスエスブロン液にはデキストロメトルファンが倍量含まれており、咳止めの強さはほぼ同等と言えます。
デキストロメトルファンの方がジヒドロコデインよりも眠気や、便秘などの副作用が少なく、依存性も少ないです。
以上の点より、個人的には新ブロン液よりもエスエスブロン液のほうがおすすめです!
液体タイプは持ち歩きに不便なので持ち歩きたいという場合にはエスエスブロン錠もおすすめです!

 

喘鳴(ぜーぜー、ひゅーひゅー)をともなう咳の症状に

◆ミルコデ錠A

【第1類医薬品】ミルコデ錠A 24錠

・つらい咳の症状で夜寝れない
・痰が絡む、絡まないどちらにも
・15歳以上から使用可能

 

気管支を拡張して咳を鎮める・・・テオフィリン、dl-メチルエフェドリン
たんをうすめて出しやすくする・・・グアイフェネシン300mg、キキョウエキス120mg
気道分泌を増やして痰に効く・・・セネガエキス30mg
喉の炎症を抑える・・・カンゾウエキス末108mg

気管支を拡張して咳を鎮める成分が2種類配合されているので、つらい咳の症状で苦しくて夜間に寝れない場合などにおすすめの薬です。
痰切れのグアイフェネシン、キキョウエキス、セネガエキスなどが含まれており、痰が絡んだ咳にも有効です。他に、カンゾウエキスも含まれており、のどの炎症などを抑える効果もあります。
今までの薬とは少し系統が異なる薬です。1類医薬品になるため、薬剤師による指導が必要になります。
こちらは15歳以上から使用可能です。

 

◆アストフィリン

【指定第2類医薬品】アストフィリンS 45錠

・つらい咳の症状で夜寝れない
・痰の絡まない乾いた咳
・15歳以上から使用可能

 

気管支を広げて咳をしずめる・・・ジプロフィリン、dl-メチルエフェドリン
他には咳止めのノスカピン
アレルギー症状を抑える・・・ジフェンヒドラミン

気管支を拡張して咳を鎮める成分が2種類配合されているので、喘鳴をともなうつらい咳の症状に効果のある薬です。
気管支を広げることで痰は出しやすくなりますが、直接的な痰切れの薬が入っていないので、痰が酷く絡む場合にはあまりおすすめしません。
咳が酷く夜間寝れない、痰の絡まない乾いた咳がでる場合にはおすすめです!

 


風邪の後期で咳の症状だけ残る症状に

◆麦門冬湯

【第2類医薬品】「クラシエ」漢方麦門冬湯エキス顆粒A 8包

・風邪の後期のなかなか治らない咳の症状に効果的
・医療用と同成分
・眠くならない
・3歳から使用可能

 

麦門冬湯は風邪の症状が治ってきたけど、咳の症状だけ残っている場合におすすめです!
味は香ばしく、甘みもあるため漢方薬の中ではかなり飲みやすい部類だと思います。
いくつかある麦門冬湯の市販薬の中でも満量処方といって医療用と同じ量の成分が入っており、眠くなる成分も入っておらず、生後3ヶ月以上の乳児から服用可能です。
風邪の後期のなかなか治らないこみ上げる咳が続く場合は使ってみてください!



最後に、市販の薬でも効果の出るいい薬がたくさんありますが、風邪の咳の症状が長引くと悪化して喘息などになることもあるため、風邪薬を数日使用しても症状が改善しない場合は病院へ受診してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

調剤併設のドラッグストアで管理薬剤師をしているYUTAです! 当サイトでは薬剤師目線で本当におすすめできる市販薬などを紹介していきます。 よかったら是非参考にしてください。